redmineの疑問

  • プロジェクトの説明欄に、あらかじめテンプレート的な文字列を入れておきたいんだけど、それはできるんだろうか。
  • なんかできなそうだったので、コピー用のテンプレートを埋めておく「長いテキスト」欄を用意して、そこかrコピーして貼付ける運用でにげるしかないな。

awsにredmineをインストール

開発ツール(Cコンパイラ等)

# sudo yum groupinstall "Development Tools"

RubyとPassengerのビルドに必要なヘッダファイルなど

# sudo yum install openssl-devel readline-devel zlib-devel curl-devel libyaml-devel

MySQLとヘッダファイル

# sudo yum install mysql-server mysql-devel 

Apacheとヘッダファイル

# sudo yum install httpd httpd-devel

ImageMagickとヘッダファイル

# sudo yum install ImageMagick ImageMagick-devel

Ruby 1.9.3のインストール

# wget ftp://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/1.9/ruby-1.9.3-p194.tar.gz 
# tar xvf ruby-1.9.3-p194.tar.gz
# cd ruby-1.9.3-p194
# ./configure
# make
# make install
# make clean 

 

Amazon Web Services のセミナーをみてきた。

2012年6月8日の
大規模ウェブサイト制作者向けアマゾンクラウド活用セミナー」に行ってきました。
それにしても、アマゾンデータサービスジャパン株式会社が入居している目黒アルコタワーアネックスはとってもきれいなビルですね。

メモだけ残しておくよ。

まずAWSの概要。

  • IaaS型のクラウドではトップシェア 
  • アメリカ政府機関も使ってるよ。(NASA)
  • Hadoop利用におけるトップリーだ
  • 日本での利用が急拡大中。伸び率は世界中から比較してもトップ。

AWSのうちなる仕組み

  • セキュリティグループと呼ばれる、簡単なファイアウォール機構がある。
  • サーバのイメージファイルを作れて、そのイメージファイルからサーバをすぐに起動させることが可能。
  • AWSは特定のOSや言語には依存しない。
  • 商用ライセンスをクラウド上に持ち込むことが可能。(SVFとか)
  • EC2のオートスケール。サーバの台数増大、現象は自動化。

AWSのRoute53サービス

  • SLA100%
  • 1ホストゾーンあたりの価格は$0.5

AWSは値上げしたことはない 6年で19回値下げしている。

AWSサミットが9/13,14でお台場であるよ。
クラウドパックでできること

  • レンタルサーバ的なサポート
  • 24時間365日
  • 請求書発行や定額貯金でAWSをお楽しみいただくことが可能。
  • サービス監視/リソース監視
  • バックアップリストア
  • バースト保証

 S3はEC2よりお得。
S3はアクセス負荷を気にしなくて良い。

AWSデザインパターン
http://aws.clouddesignpattern.org/index.php/%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8

Price Model

忘れないようにメモしておく。

  • CPM – Cost Per Mille 掲載1000回あたりの料金
  • CPC – Cost Per Click クリック1回あたりの料金
  • CPA – Cost Per Action 会員登録とかが1回完了したときの料金