Unity

【Unity】スマートフォン用に設定する[iPhone編]

Unityで作ったアプリをiPhoneにインストールして実機デバッグするための手順です。

やり方

ビルドの設定

ツールバーから[File]→[Build Settings]を選択します。

[Platform]から[iOS]を選択し、[Switch Platform]をクリックします。

画面サイズの設定

画面のサイズを設定します。[Game]タブのアスペクト比を選ぶところから、希望の端末サイズを選びます。

(いろいろなサイズがiPhoneにはありますけど、果たしてどのサイズを選んでおくのがいいのか、ベストな解はなんでしょうね?)

とりあえず小さめのiPhone SE 2nd generationを選んでおきます。

シーンの登録

先ほどの[Build Settings]に、アプリで使用するシーンが登録されているかどうか確認します。ここに含まれていないと実機に転送されないようです。

Bundle Identifierの設定

[Build Settings]の[Player Settings]をクリックします。

[Player]の[Other Settings]をクリックします。

下の方に下がって[Bundle Identifier]を探してそこにBundle Identifierを入力します。

ビルド

入力が終わったら、[Build Settings]に戻り、右下の[build]をクリックします。

そうすると、ビルド用のワークスペースを出力するディレクトリの指定ダイアログが表示されるので、

任意の場所を選択して、出力させます。

しばらくするとこのようにファイル群が出力されるので、xcodeprojファイルをXcodeで開いてビルドするという形になります。

Xcodeでのビルド前にやること

xcodeprojファイルを開いた後いくつか調整しておくべきことがあります。

Automatically manage signing

Automatically manage signingをONにしないとビルドができません。 ONにしましょう。

 

端末の向きの固定の設定

アプリによっては横向き固定で起動させたいものもあると思うので、iPhone Orientationの調整が必要です。アプリの特性に応じて調整が必要です。

Xcodeで設定するのではなくてUnity側で設定するのだそうです。こちらをご覧ください。

 

いかがでしたでしょうか?(お約束)

-Unity

© 2022 かずのアプリときどきキャンプ飯 Powered by AFFINGER5