Flutter iOS

flutter build ipaコマンドでビルドとアーカイブを合わせて実行する

iOS向けビルドには2個の手順が必要だった

flutterのプロジェクトでiOS向けのアプリをリリースする際に

  1. flutter build ios
  2. Xcodeを起動してarchive

と2段階で作業していて、面倒くさいなあと思ってました。

バージョン1.24.0-6.0から一個のコマンドで済むようになった

しかし、1.24.0-6.0のバージョンからは、flutter build ipaコマンドを使うことで一度にarchiveまで行うことができるようになりました。

 

やり方

archiveまで行うコマンドは以下の通りです。

flutter build ipa --release --export-options-plist=ExportOptions.plist

突然出てきたExportOptions.plistですが、これは別途自分で用意する必要があります。

自分で用意するといっても、このファイルはXcodeから自動生成されるファイルなので安心してください。

詳細な手順はこちらに書かれています。

ExportOptions.plistの入手方法

過去にXcodeでarchiveしていれば以下の手順で入手することができます。

  1. Xcodeを起動して、[Window]→[Organizer]を起動
  2. 任意のArchivesを選択し、[Distribute App]をクリック
  3. [Select a method of distribution]で[App Store Connect]を選択し、[Next]をクリック
  4. [Select a destination]で[Export]を選択し、[Next]をクリック
  5. [App Store Connect distribution options]、[Re-sign "Runner"]は特にいじらず[Next]をクリック
  6. [Review app.ipa content]の内容を確認し[Export]をクリック
  7. エクスポート先のフォルダを選択してエクスポートします
  8. そうすると、エクスポート先のフォルダにExportOptions.plistファイルが生成されているのでこれを--export-options-plistオプションに渡してあげます。
  9. 特に決まりはありませんが、ExportOptions.plistファイルを私はflutterのプロジェクトのiosディレクトリの下に入れておきました。

ついでにApp Store Connectへアップロードまでさせてしまう

なんとflutter build ipaコマンドだけで、ipaファイルをApp Store Connectにアップロードまで行わせることができます。

やり方ですが、先ほど入手したExportOptions.plistを開き、destinationキーの値をuploadに書き換えます。たったこれだけです。

<key>destination</key>
<string>upload</string>

これは便利ですね。ビルド中に食事ができるレベルです。

-Flutter, iOS

© 2023 かずのアプリときどきキャンプ飯 Powered by AFFINGER5