メンタルヘルス

ポジティブ日記をつけてみよう!

ひきこもり・不登校・休職からの社会復帰の悩みに

概要

年の始めや年度始めといった時期には1月・4月はじまりの日記帳が販売され始めますので、日記・ライフログを始めよう!というお店の宣伝やブログ記事が増えます。
それでも日記を始められない・続かないという方のタイプのひとつに「書いていると精神的につらくなる」というのがあると聞きました。そういった心理障壁があるとしたら、取り除いてやりたいのがぼくです。そこで今回は「書くのも見返すのも楽しい」ポジティブダイアリーというものをおススメしてみたいと思います。

ポジティブ日記とは

名前の通り、「良いことがあった」「楽しいことがあった」といったこと”だけ”を書いていく日記です。ネガティブなことは書きません。書かないようにします。短くてもいいので、その日にあったポジティブなことだけを書いて残しておく日記です。たったこれだけです。

どのように書いていくのか

前述の通り良かったと思ったことだけを書いていくので、あなたがそう思ったことを書き出してあげてください。

可能であれば、1日の中から楽しかったことを3つ書くといいとされています。

誰かのことに対して感謝するということも書くといいかもしれません。〇〇さんに仕事で助けてもらった。〇〇さんに感謝したい。というような内容ですね。

時々そういったことがまったく無い日とかもあると思いますが、そういった日は無理して書く必要ありません、飛ばしてしまいましょう。どうしても何か書かれていないと落ち着かない方は「何にもなかった日おめでとう」とでも書いておけばいいかと思います。

書き続けるコツ

見返してつらくない、というのもメリットのひとつなのですが、これが例えばあなたが疎遠もしくは敵対するようになってしまった人の名前を見るのが嫌なタイプの方でしたら、人の名前は書かないほうがいいかもしれません。思い出してしまうにしても、その輪郭がはっきりしていない方がメンタル的なダメージは少ないです。
良かったことがまるっきりなかった日も、無理して書く必要はありません。空白が気になるようであれば「ポジティブになれる」定型文をひとつかふたつ用意して、その日はそれを書いてお茶を濁すのがいいかなと思います。

また、日記を書き忘れるという日もあると思います。そういう日も定型文を書いておいて空白を避けておく、という方法を取ると日記に空白があるのが許せない完璧主義者の方でも継続できるようになると思います。

ポジティブダイアリーの効能

プラス方向、気分が上がる方向の文章を書いていくことで、メンタルの部分で気分が軽くなります。書いている時と、見返した時にこの効果が顕著です。これは、心理学的にも有効性があることがわかっています。
そして、良かったこと・ポジティブなことに対して敏感になれます。ちょっとしたイイことにも日常で気がつくことができるようになり、これも気分が良くなります。
この習慣が継続できるようになると、他のライフログもつけられるような体質になります。そうなった時にまた、新しい習慣としてそういったものを始めるといいでしょう。

オススメのポジティブダイアリー

ポジティブダイアリーをつけ続けられるスマホアプリをリリースしています。

iOS版

‎ポジティブ日記
‎ポジティブ日記
Developer: Sato Kazushige
Price: Free+

Android版

ポジティブ日記
ポジティブ日記
Developer: kazushige
Price: Free

 

先ほど書きましたとおり、ポジティブなことを書き続けるとメンタルに効くことが知られていますが、このアプリは、記入した日記を自動的に採点して日記がポジティブかネガティブかを自動的に採点してくれる仕組みになっています。100点を最高点として点数が高ければ高い程ポジティブな文章がかけているということになります。数値でポジティブ度合いがわかるのでとてもわかりやすいと思います。

 

-メンタルヘルス

© 2021 かずのアプリときどきキャンプ飯 Powered by AFFINGER5